紅葉の秋、念願の涸沢カールへ日帰り登山してきました

Pocket

「あら、思ったより早く着きすぎた。」

基本的に仕事の車に便乗させてもらって登山にくるので帰りの時間も決まってます。

早く下山しすぎると待ってる時間が長いんです。
カメラが壊れてからやたらと登山のコースタイムが速くなったもりたです。
カメラは無いが紅葉している涸沢は見たい!ということで1日しかない休みを使い強行日帰り涸沢登山に行って来ました!

 

※この記事の写真はiPhone6sの少し水滴が入りおかしくなったインカメラで撮影しております。実際の綺麗さには遠く及びませんのでご注意下さい。

【9月28日  7時30分】

この日もあいにくの雨。
今年はほんと雨が多い。台風も多いし困ったもんだねー。
でも貴重な休みなんでもちろん登山決行です。

今回の目的は涸沢カールの紅葉を見ること。

いつも通り仕事の車に乗り込んで上高地まで乗っけてもらいました。

マイカー規制の中、車で上高地に来れる優越感。ここで働いている者の特権ですね。

そんなことを思いながらあっという間に河童橋に到着。

8時20分、涸沢までの日帰りトレッキング開始です。

 

涸沢⇔上高地の往復標準コースタイムは約12時間程。でも僕の予定では帰りも通勤車に乗って帰りたいのでタイムリミットは17時。ということで今日の行動時間は8時間半くらいしかないんですよね。

 

帰りの時間も考えて、最悪の場合は涸沢まで行けずに撤退することも想定してます。

でもなんとか紅葉の涸沢カールが見てみたいからぶっ飛ばして行ってきます!

 

河童橋からスタートし、ちょっと走ってみたり歩いたりを繰り返して明神池、徳沢と1時間足らずで通過。

高低差もなく、ただダラダラ長い道のりを足早に進んで行きます。

約1時間半で横尾到着。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-29-10-04-14

トイレにいったりおにぎり食べたりして15分ほど休憩。

ここまでは目標通りのペースで来てるからこのまま行けばなんとか涸沢で紅葉を見ながらコーヒーを飲む時間くらい作れそうだ。
横尾から先の横尾谷もまだゆるやかな道が続きます。

本谷橋を渡るといよいよ涸沢に向かっての急登が始まります。
ここからが本格的な登山道ですね。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-29-13-19-13
っていうか、iPhoneのインカメラで撮った写真を初めてパソコン上で見ましたけどめっちゃ汚いね!
こんなに汚いとは思ってませんでした!笑

5D MarkⅡは壊れてるし、iPhoneのアウトカメラは水没してから写らないし、インカメラしかないんだけど超絶汚い。
でも無いよりはマシか、ということでお見苦しい写真ですが載せておきます。

急登が始まると同時に渋滞が始まりました。

さすが紅葉時期の北アルプスといった感じで、平日にも関わらずツアーの団体さんからソロの方まで沢山の人が登っています。
ちなみに本谷橋にくるまでにもうすでに200人は抜かしたんじゃなかろうか。

はじめの方は数えてたけどあまりにも多くてめんどくさくなって数えるのやめました。

でもざっくり200人は抜いてます。ここからは急登&道が狭いのもあってそんなにひょいひょい抜いてはいけません。声を掛け合って追い越しさせてもらうような感じで少しずつ前に進んで行きます。

自分のペースで歩けないとなると疲労が一気にたまってきました。息は切れるしペースは落ちるしダメダメです。
それでも1歩ずつ進んでいきます。

まだかまだかと思っていると、意外にもう涸沢にかなり近づいていることに気がつきました。
こういうときってなんか得した気分になりますよね。

そしていよいよ12時前に念願の涸沢カールに到着しました!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-29-11-56-31

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-29-12-06-51
秋の紅葉!涸沢カール!

なぜカメラがこのタイミングで壊れているのか、ほんと悔しいかぎりですが念願の紅葉時期の涸沢カールには無事、やってくることができました!
僕のiPhoneのインカメラじゃこの感動はお届けできませんが、なかなか綺麗な紅葉でしたよ〜!
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-29-12-04-38
お久しぶりです、涸沢ヒュッテさん。

景色を堪能してから作ってきたコーヒーを頂きます〜。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-29-12-22-21

ここでもやっぱり芦屋エビアンコーヒー。
次はどこでコーヒー飲もうかな〜。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-29-12-07-09

今日は朝から雨で天気はいまいちだったけど、涸沢に着くころには雨もほとんどやんでいて景色も思ったより楽しめたからよかった。

コーヒー飲んで景色を眺めて30分程休憩してから下山開始です。

涸沢も堪能できて休憩もとったのでかなり元気になって駆け下りるように下山。

テンションと体力とは裏腹に渋滞に何度も足を止められる。
それでもハイペースで下山。

もう気分はもののけ姫のアシタカ。
本谷橋までは軽快に下りてきました。
そこからが地獄の始まり。
登山道らしい楽しいルートではなく、平坦な長ーい道をずっと進んでいく感じがとてもつらくて心が折れそうになってきました。
でもタイムリミットもあるので休憩もそんなにしてられません。
目標の16時を目指してただ黙々と上高地に向けて歩きます。
本谷橋まで駆け下りた反動か、横尾までがとても長く感じました。

横尾で少し休憩をとり、徳沢、明神池と歩いていきます。

16時10分、ようやく河童橋まで帰ってきました。
最後はソフトクリームを食べたい一心でペースの上がらない足にムチ打って進んでなんとかゴール。
タイムは7時間39分13秒。
なんとか日帰りで帰ってこれましたね。
ソフトクリームの販売も終わってなかったので無事食べることができました。
登山後のソフトクリーム最高。
涸沢まで日帰りで行けるということは実証できたけど、もう一回やれといわれるとちょっと考えますね。
できたら天気の良い日に1泊で行きたいな!
次は西穂独標行ってきます!お楽しみ!

ランキング参加してます。
クリックしてくれるとテンションが上がります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

Pocket

コメントを残す