自分にとってのカメラとは何か。写真とは何か。

Pocket

久しぶりにただの日記でも書いてみます。

最近というか年に何回か自分の撮っている写真について考えさせられることがあります。

「迷い」であったり「戸惑い」であったり、少しネガティブな思考が混ざった感情とともに自分の今撮っている写真がどうなの?って思う瞬間があったり。

もう10年以上写真を撮っているけど未だに自分が何を表現したいのか分からない。

もちろん綺麗な景色を綺麗に、写っている人をかっこよく可愛く、てなことは思っています。

 

コンテストに応募するときなんかは過去の受賞者の方の作品を見たりしますよね?

そんときに自分にはこんな壮大なテーマも無ければアーティスト性も無いなーとふと自信がなくなることが。

こういう時に自分の撮る写真についての自問が始まったりする。

 

写真とは何か?何を表現したいのか?何を伝えたいのか?

 

考えてもどこかで聞いたことがありそうなありきたりな答えしかでてこないので結局考えるのをやめるんですけどね。笑

 

そんでまたとりあえず撮る。何でもいいから撮る。

 

撮ってないと落ち着かなくて仕舞にはキッチンの三角コーナーの生ゴミまで撮ってる自分を見て、「だいぶきてるな」と。笑

 

 

うん、だいぶきてるな。

 

今年もいっぱい写真撮っていこう。日常の何でも無い風景からめちゃくちゃ綺麗な自然の景色まで自分の目に写ったものを自分らしく切り取って。

 

そうしていればいつか自分にとっての写真とは何かが分かりそうな気がする。

 

今分かってるのは写真が好きだってこと。

Pocket

コメントを残す