アウトドアでも美味しいコーヒーが飲みたい僕のドリップコーヒー道具

Pocket

この前、友人のシンガーソングライター前田君に、

「なんで旅にコーヒー?荷物増えるのに。」と疑問をぶつけられました。

コーヒーをこよなく愛するシンガーソングライターのくせに何言ってんだ!と思いましたが…

 

確かに外でコーヒーを飲むとなるとインスタントでも最低一つは荷物が増えます。

でも山での経験上、コーヒー好きにはそれを上回る価値があるんです、野外で飲むコーヒーには!

 

僕の場合、今回は豆からひいてコーヒーを飲んでやろう!と考えてるので更に荷物が増えます。

まあたいした量では無いんで僕にとっては問題なしですが。

 

最近ではアウトドアで飲むコーヒーも流行っているのでそれ用の道具も色んな種類が出ています。

道具フェチとしてはコーヒーを淹れるための道具にもこだわりたいところですが、予算と大きさ、重量のバランスをみて今回の旅にはこいつらを持っていきます。

 

アウトドアで美味しいドリップコーヒーを淹れるための道具

  • ポーレックス セラミックコーヒーミル ミニ
  • ユニフレーム コーヒーバネット シェラ
  • コーヒーバネット専用フィルター 2人用
  • ナルゲンボトル(豆保管用)
  • スノーピーク チタンダブルマグ

 

ポーレックス セラミックコーヒーミル ミニ

これはアウトドアでコーヒーを豆から挽く人の中ではド定番のアイテムです。

ほとんどの人がポーレックスのコーヒーミルを使ってるんじゃないでしょうか。

コーヒーの風味を損なわないようにセラミックの刃を使っていて、極細挽きから粗挽きまで豆の挽き方も調整できます。

分解も簡単なので使ったあとは分解して水洗いもできます。

ハンドルを外して収納するとかなりコンパクトになるので荷物にシビアになりがちな登山なんかにも結構気軽に持っていくことができます。

一度に挽ける豆は約20グラム(二人分くらい)です。

携帯性に優れたコーヒーミルなんで挽くときは多少力がいって疲れますがそのあと美味しいコーヒーが飲めるので我慢しましょう!

あと本体はセラミックですがハンドル部分だけは鉄なんでサビます。水分は早めに拭き取って保管してください。

 

ユニフレーム コーヒーバネット シェラ

 

コーヒーをドリップするフィルターを支える骨組みの役割をするものです。

名前の通りこれはシェラカップで使い易いように作られてるんですが特に問題無く普通のカップでも使えます。

僕はシェラカップも普通のカップも使うんでこれにしてみました。

 

コーヒーバネット専用フィルター 2人用

 

ユニフレームのコーヒーバネット専用のフィルターです。

もちろん専用のフィルターじゃなくてもドリップすることが可能ですが、とりあえず最初は専用の物を買っておきました。

これは2人用。僕は1人ですが。ちなみに4人用とかもあるので買うときは気をつけましょう。

 

ナルゲンボトル(豆保管用)

コーヒー豆の保管用に買いました。珈琲坊主には「それ、いる?」って言われちゃいましたが「いります!」

完全に見た目に惹かれて買いましたが実は結構な優れもの!

密封性もあって臭いも付かないし丈夫です。コーヒー豆が入った姿がまたかわいいんですよ。

グラム表記がついてるのもコーヒー初心者の僕にはうれしいところ。コーヒー豆の量は美味しいコーヒーを淹れるポイントだからです。

もちろん持って行く豆は芦屋エビアンコーヒーショップ厳選のオリジナルコーヒー豆

外でも家でも珈琲坊主の焙煎した豆は最高です!

 

ちなみに余談ですが、この記事を書くまで「ナンゲルボトル」だと思ってました。笑

「ナルゲンボトル」なんですね。いや〜ブログを書いてると新しい発見が日々ありますね!

昔からカタカナに弱いですよ。なんかちょこっと間違えてるなんてことは多々ありますね。

ナンゲルボトルで検索すると結構普通に出てくるんですよ。僕以外にも結構間違えている人がいることにちょっと安心しました。

みなさんもカタカナにはお気をつけ下さい!

 

スノーピーク チタンダブルマグ

 

これも見た目でチョイスしたようなものですが性能も抜群です。

チタン製なので軽いし、二重構造になっているので保温力、保冷力ともに優れています。

熱々のコーヒーも冷めにくいのでうれしいです。猫舌ですが。

チタンの二重構造のお陰でコーヒーは熱々ですが口を付ける部分は熱々ではないんでやけどもしません。

高いのだけが手を出しにくい理由ですがこれは一つはほしいカップです。

僕は貰いものですが超うれしかったですね。アウトドア好きでまだ持ってない人へのプレゼントなんかにも超おすすめします!

たぶんみんなうれしいはずです!(自分基準ですが)

 

まとめ

コーヒー豆を150グラム持って行ったとして、この5つのセットで約750グラム。

これぐらいで美味しいコーヒーが飲めるんだったら喜んで持っていきます!

重量のほとんどがコーヒーミルと豆の重さなんで飲む量だけ家で挽いて持っていけばさらに荷物を減らすことも可能です!

大自然の中で飲むコーヒーは最高に美味しいので是非やってみて下さい!

 

他のコーヒー関連記事は→【芦屋エビアンコーヒーショップ】アウトドアでも美味しいコーヒーが飲みたい

 

ブログランキングに参加しています!

毎日1回応援クリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

Pocket

コメントを残す