辿り着いた七尾の海で見た夕日

Pocket

能登半島4日目は雨。

昨日の晩はきつい峠を越えて能登半島最北端までいった疲れのせいかテントを出す気にもなれず道の駅のベンチにマットをひいてシュラフで寝るというスタイルで寝ました。

でもこれが後々後悔することに。

寝だしてから1時間おきくらいに目が覚めます。

とりあえず蚊が多い!

起きたら蚊としばらく格闘してまた寝る。そしてまた蚊に起こされて格闘するという負のループを朝まで繰り返しました。笑

やっぱりテントいるな、と朝5時に反省。めんどくさがらずに今日からは素直にテントを張って寝ようと思います。

それと蚊以外にも夜中の2時頃に現地の人達が飲み会の後だったのか数人集まって道の駅で話し始めたのも寝れない原因の一つでした。まあ公共の場なんでしかたないし、まさかこんなところで寝てるやつがいるとも思わないでしょうしね。

テントを出してない分、朝の準備はすぐに終わりました。

でも雨がけっこう降っててなかなか動き出す気になれず1時間ほどうだうだしてると雨もだんだんと小降りに。

やっぱり雨は気持ちが落ちますね〜。雨の日は自殺者が増えるって昔誰かに聞いたことあるけどなんか分かる気がするかも。

太陽って偉大だな〜。でも雨も恵みなんだからありがたいと思わねば、、、

レインウエアを着てバッグにもレインカバーを装備して気合いを入れて出発しました。

今日の目標は七尾。

いよいよ能登半島の旅が終わりに近づきます。

とはいえ今日走る距離は約100キロ。まだまだ長い道のりですけどね。

天気予報によると昼頃には雨も上がるようなんで、それに期待しながらのんびりと進んでいくことにします。

雨の中順調に進んでいると少しずつ雨も収まってきて、少し晴れ間がでたりするときもでてきました。

20160709-IMG_4180

こう曇りや雨がつづくとほんのちょっと青空が見えるだけでかなり嬉しくなります。

お昼ご飯は今日は自炊パスタ。

20160709-IMG_4184

絶妙な火加減の調整でお湯が噴かないようにパスタを茹でるのもだんだん慣れてきました。

僕がこの旅に持ってきた、MSRのウィスパーライトインターナショナルというガソリンバーナーですが火力調整ができない、もしくはムズカシイという話しだったけど慣れてくると結構できることがわかってきました。

ガソリンをポンピングする回数で調整するのと吹き出すガソリンのコックの微調整でそこそこの火力調整ができます。

普段登山やキャンプで使ってるプリムスのガスバーナーと比較するともちろんプリムスの方が断然優秀ですけど。

でもガソリンバーナーの一番の魅力はランニングコストの安さでしょうね。

この旅の間に自炊やお湯を沸かす為に結構な頻度でつかってますがまだガソリンを補給したのは1回だけ。

それも1リットルも入らないんで75円でした。

ガスの5分の1くらいのコストですんでるんじゃないかな。

最後までガスにするかガソリンにするかで悩んだけどガソリンにして正解だったなと思います。

ゴミもでないしフルサービスのガソリンスタンドも結構簡単に見つかるし。

ガソリンを燃料にするときの注意点ですが基本的にセルフサービスのガソリンスタンドでは給油することができません。

これは法的に決まっていてセルフのガソリンスタンドだと携行缶などに給油することはできないようになっています。

店員さんにお願いしても基本はダメです。たまに入れてくれるところもあるみたですがホントはダメなんです。

僕は昔ガソリンスタンドでアルバイトしていてその時に危険物取扱乙種4類という資格を取って持っていたんですけどそれでもセルフのスタンドで自分で携行缶にガソリンを入れるのはアウトみたいです。

ガソリンバーナーに決めたときにいろいろ調べてみたけど結局はフルサービスのガソリンスタンドで入れてもらうかアウトドアショップに売っているホワイトガソリンを買うかのどちらかしか補給手段はないみたいでした。

だからフルサービスと呼ばれる店員さんが給油をしてくれるガソリンスタンドを見つけて給油をしてもらわないといけないんですが旅に出る前はフルサービスのガソリンスタンドなんかもうかなり少ないんじゃないかと心配してたんですが全然大丈夫でした。

なんか長くなっちゃったけどこの話はまた違う機会にまとめて書きたいと思います。ここまで書いといてなんですが。笑

お昼ご飯も食べて食後のコーヒーも堪能しました。

20160709-IMG_4186

ガソリンよりもコーヒー豆切れに敏感になりそう。笑

なんたって芦屋から送ってもらってるから日にちもかかるし受取場所も結構むずかしいんよね〜。

そんな感じでも親切に対応してくれありがとう!珈琲坊主!

僕が毎日飲んでるコーヒーはこちら

自家焙煎コーヒー専門店 芦屋エビアンコーヒーショップ

のんびりコーヒー飲んでたらまた雨が降ってきたので潔く昼寝することにしました!笑

なんとなく通り雨だと感じたので。なんかあるじゃないですかそんな感じの雨。

昔からそうですけどほんとどこでも寝れる自分が好きです。笑

1時間ほど寝たら雨も上がってました。

七尾に向けてリスタートです。

20160709-IMG_4192

ほんと渋い神社が多いな〜。寄ってみたい気持ちもあるけど全部寄ってたらすごい時間になりそうだからこれだ!と感じたところ以外はパスして進みます。

20160709-IMG_4195

のどか〜な風景を眺めながらのんびり進んでいきます。

20160709-IMG_4197

ローカル線のローカルな駅ってなんか雰囲気あってかわいいですよね。

駅員のいない駅、数時間に1本の電車、ワンマン電車の短い車両、どれもすごい好きな景色です。

こうやって何気ない景色を眺めながらゆっくり進めるのが自転車旅のいいところですかね。

車だとあっという間に通り過ぎてしまって気付かないようなところにも目がいくんで。

夕方にはなんとか七尾に到着しました。

とりあえず海が近いので海沿いでテントが張れそうなところを探しに。

すぐにテントも張れそうで釣りもできそうな場所を発見できたので今日はここで宿泊。

釣りをしながらゆっくりと夜になるのを眺めていました。

20160709-IMG_4224

これがあるから海沿いにテント張るの好き。

穏やかな海と1日がんばったご褒美みたいに少しだけ顔をだしてくれる太陽。

今日もほんと満足!

夕日が沈みきるまでの時間をぼーっと過ごせるのってなんて贅沢なんでしょうね。

20160709-IMG_4231

僕が見た七尾の海は絶景でした。

始まりは雨だったけど今日も1日良い日になりました。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

Pocket

One Reply to “辿り着いた七尾の海で見た夕日”

  1. 清宮健太 より: 返信

    やはり、、写真のレベルが違いますよねぇ…
    自分のはただ色を濃くしてるだけじゃないかと、勉強させられます!夕陽が本当に素敵です(^^)お互い頑張りましょう!

コメントを残す