白米千枚田に行ってきた

Pocket

何段にもなった棚田に張られた水が夕焼けに染まる写真。

写真では何度も見たことがある有名な白米千枚田に行ってきました。

 

そもそも能登半島をまわろうと思ったのはこの白米千枚田が見たかったのが大きな理由です。

能登半島の北側にあってなかなか距離は遠いけどこれを見ないとやっぱり能登半島は語れないかな、と。

 

輪島を出発して海沿いの国道249号線を走っていきます。

天気は相変わらず曇り空。

雨が降って無いだけまだましですかね。

 

海沿いとはいえ相変わらずアップダウンの激しい能登半島の道を進んでいくとようやく到着しました!

 

 

20160708-IMG_4070

 

白米千枚田は日本で初めての世界農業遺産だそうです。

ちなみに白米って書いてますが「はくまい」じゃなくて「しろよね」って読みます。

僕は最初は普通に「はくまい」だと思ってました。笑

 

千枚田と呼ばれるようになったのは棚田にある田んぼの数が多いからや「せまい田」から千枚田と呼ばれるようになったなどと諸説あるらしいです。

 

日本の棚田百選、国指定文化財名勝、世界農業遺産と色々と登録されている、能登を代表する絶景スポット。

 

でも今回僕が行った感想は…

 

 

う〜ん。なんかなー。

 

20160708-IMG_4068

確かに綺麗でスケールも申し分ないんだけど、なんか物足りない感じ。

 

それはやっぱり写真で見ていたイメージが強すぎるから。

 

僕のイメージしてた白米千枚田は、まず水が張っている状態。

ってことは田植え前もしくは田植え直後か、稲刈り後ってことになります。

これはこれで緑が綺麗なんだけど天気が悪いせいもあって今ひとつパッとせず。

 

あとは夕日。

 

夕日に照らされてる棚田のイメージが白米千枚田のイメージなのでこの曇り空じゃどうしても、う〜ん。ってなってします。

 

今日は粘っても夕焼けは見れそうにないので今回はお預けですね。

次は4月終わりか5月の上旬、田植えが始まる前の田んぼに水が張られている状態で天気の良い日を狙って来てみたいと思います!

 

あと全然しらなかったけどここの千枚田って一つひとつの田んぼに色んな人がオーナーになっていてその中にはあの小泉純一郎元総理大臣やゴルゴ13の作者さいとう・たかを氏など8名の名誉会員がいるそう。

オーナー制が導入されていて先着200名限定だけどマイ田んぼが年会費2万円でもてるみたいです。

 

マイ田んぼとかちょっと持ってみたいっすね。今度検討してみようかな。

 

白米千枚田は隣に道の駅も併設されてて休憩もしっかりできました。

平日だったけどバスに自家用車にとどんどん観光客が集まってきてました。

こんな天気だけどやっぱり人気のスポットなんですね。

 

20160708-IMG_4091

 

でもやっぱりおすすめは夕方ですね!輪島から結構近いので輪島に泊まる予定にしておけば夕方に見に行きやすいんじゃないかな。

 

白米千枚田を見に行くときは輪島泊がおすすめですね〜!朝市もありますし!

 

次はもっと素敵な千枚田を見れるように時期やタイミングを見計らって来たいと思います。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

Pocket

コメントを残す